体の健康を意識した生活で快適になる【ヘルスケアの達人】

Health Consulting

重要な役割を持つ腎臓

透析を行なう目的等について

腎臓という臓器は、血液内の電解質や水分の維持、老廃物の除去等を主な役割としています。しかし、腎臓が何等かの理由で腎不全になると、これらの役割を担うのが難しくなります。そうすると、血液中に老廃物が残り続ける尿毒症という症状を引き起こします。尿毒症になると、ひどい場合には昏睡状態に陥る恐れもあります。そこで、こうした事態を防ぐ方法として、透析という手段が用いられるのです。 ただ、この透析という医療行為には、腎臓の機能を改善させる効果はないです。つまり、腎臓の状態が回復するまでは、ずっと透析を続ける事になるのです。急性腎不全の場合には、病気が治れば透析の必要がなくなるケースがあります。しかし、慢性腎不全の場合には腎臓移植を行なわない限り、一生続ける必要が出てきます。

具体的なやり方について

透析を行なうためには、最初に内シャントと呼ばれる手術を受ける事になります。前腕の動脈と静脈を結び付けるという手術です。この手術を行なう事で、大量の血液を体外へ導く事が可能になります。 内シャント手術が済んだら、実際に透析を始める事になります。透析にはダイアライザーと呼ばれる専用の機械が必要になります。この機械と腕の血管を繋ぐ事で、体内の血液をダイアライザーへと流します。ダイアライザーに運ばれた血液は、その中で老廃物や余計な水分の除去、カルシウム等の補給が行なわれます。そして、再び体内へと血液が戻されます。これで一回の流れが完了になります。 透析は週に3回行なうのが基本です。通院をして治療を受けるのが一般的な方法になります。ちなみに、1回の治療にかかる時間は3〜5時間という長時間に及びます。